持続的なイノベーションの創出に向け、オープンイノベーションを基軸とした取組が促進されるよう、産学・産産連携のハブとなる仕組みを整備し、研究開発の草創期から事業化までの一元的な支援を図っています。
けいはんな学研都市の立地企業をはじめ広く関西地域で活躍する企業等が有する有望な技術・製品等について販路開拓をはじめ、シーズ・ニーズマッチングの取組をさらに強化し、立地研究施設や研究者間の異業種交流を進めるなどしてその事業化を図り、イノベーションの創出を目指しています。

けいはんなスマートシティ推進事業

1.けいはんな e2 未来スクエア等の活用

「けいはんな e2 未来スクエア」を中核に、環境やエネルギーに係る学研都市のまちづくりについて、情報発信しています。

けいはんな e2 未来スクエアについて詳しくはこちら

2.けいはんな立地施設スマート化推進事業

「けいはんなスマートラボ倶楽部」をベースに、「スマートビル化の啓蒙活動」を継続しつつ、具体的な施設改善事案については、立地施設の省エネ化・省 CO2 化への支援活動を推進しています。

けいはんなスマートシティ推進事業について詳しくはこちら

けいはんなリサーチコンプレックス

「モノの豊かさ」から「ココロの豊かさへ」

ココロに感動・活力・共感を生み出す新技術・新事業の創出する、けいはんなイノベーションエコシステムの形成を図ります。

けいはんなリサーチコンプレックスについて詳しくはこちら

研究者等の交流

けいはんな学研都市内で、新しいプロジェクトやビジネスの創出に向けた環境整備の一環として各種交流会を開催しています。

研究者等の交流について詳しくはこちら

新産業創出コーディネート活動事業

1.販路開拓・事業化等支援事業

本都市をはじめ広く関西に立地する研究機関・インキュベーション施設入居企業・中小企業等が有する有望な技術シーズ・製品等について、コーディネータ等による積極的な企業訪問活動等を通じ、的確な事業化支援を行っています。

2.けいはんな分野融合・販路開拓事業

平成28年度から京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創造プロジェクト」の採択を受けて実施中の「京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト<セカンド・ステージ>」の一環として、「けいはんな分野融合・販路開拓事業」に取り組んでいます。

新産業創出コーディネート活動事業について詳しくはこちら

R&D サポート推進事業

民間企業主体による持続的なイノベーション創出を目指し、新たな研究開発に向けてのコンセプトづくり支援による初期投資リスクの軽減や、特に産学・産産連携の大きな障害となる知財・競合問題への適切な対応など、連携のハブとなり、草創期から事業化までの一元的な支援を行うRDMM支援センターを設置しています。

R&D サポート推進事業について詳しくはこちら

超高齢社会における生活支援に向けた地域産業創出を考える研究会

高齢者の健康長寿支援活動や介護・看護・リハビリ支援等の実際の現場の声(課題や要望などのニーズ)を聞き、大学や研究機関等の研究開発(シーズ)状況を知ることにより、「超高齢社会」向け新産業の芽が生まれるマッチング機会を設定し、生まれた芽の育成支援を目的とした研究会です。

超高齢社会における生活支援に向けた地域産業創出を考える研究会について詳しくはこちら