持続的なイノベーションの創出に向け、オープンイノベーションを基軸とした取組が促進されるよう、産学・産産連携のハブとなる仕組みを整備し、研究開発の草創期から事業化までの一元的な支援を図っています。
けいはんな学研都市の立地企業をはじめ広く関西地域で活躍する企業等が有する有望な技術・製品等について販路開拓をはじめ、シーズ・ニーズマッチングの取組をさらに強化し、立地研究施設や研究者間の異業種交流を進めるなどしてその事業化を図り、イノベーションの創出を目指しています。

研究者等の交流

けいはんな学研都市内で、新しいプロジェクトやビジネスの創出に向けた環境整備の一環として各種交流会を開催しています。

研究者等の交流について詳しくはこちら

新産業創出コーディネート活動事業

1.販路開拓・事業化等支援事業

本都市をはじめ広く関西に立地する研究機関・インキュベーション施設入居企業・中小企業等が有する有望な技術シーズ・製品等について、コーディネータ等による積極的な企業訪問活動等を通じ、的確な事業化支援を行っています。

2.厚生労働省の「地域活性化雇用創造プロジェクト」に採択された京都府のプロジェクトに参画

2021年度から京都府が厚生労働省の「地域活性化雇用創造プロジェクト」の採択を受けて実施する「府民躍動」きょうとチャレンジプロジェクトの一環として、「けいはんなデジタル化推進による事業再構築・人材育成支援事業」や、同様に2022年度から実施する「京都の未来をつくる『DX人材育成×産業創発』プロジェクトの一環として、「POSTコロナリーディング人財創出支援事業」など国の競争的資金等を活用した、Withコロナ、アフターコロナ時代における中小製造業の人材育成・雇用創出等の支援に取り組んでいます。

新産業創出コーディネート活動事業について詳しくはこちら

R&D サポート推進事業

民間企業主体による持続的なイノベーション創出を目指し、新たな研究開発に向けてのコンセプトづくり支援による初期投資リスクの軽減や、特に産学・産産連携の大きな障害となる知財・競合問題への適切な対応など、連携のハブとなり、草創期から事業化までの一元的な支援を行うRDMM支援センターを設置しています。

R&D サポート推進事業について詳しくはこちら