共創・イノベーション推進の場

けいはんな学研都市は、次世代スマートシティの実現に寄与する「世界トップレベルの研究開発型オープンイノベーション拠点」形成を目指しています。都市内外・グローバルプレイヤーとの共創を重視し、産学官住連携で実証環境を活用しながら研究開発の事業化を促進する取組を進めています。

けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム

新事業・新産業創出を図るため、RDMM(Research & Development for Monodzukuri throughMarketing)支援センターでは未来社会やマーケットの想定に基づく産官学連携、異業種連携プロジェクトを、オープンイノベーションを基軸として推進し、研究開発成果の活用を促進します。これまでに4ワーキング(農食、健康、モビリティー・エネルギー、新テーマ創造)に延べ70企業が参加し新事業・新サービスを創出しています。
運営を担うRDMM支援センターでは、企業の研究開発の初期段階から事業化までワンストップで支援する産学官連携の中心組織として、以下の事業を進めています。

K-PeP(けいはんな公道走行実証実験プラットフォーム)

自動運転等の新技術や次世代交通システムの確立に向けた我が国初の企業乗合型・住民参加型公道走行実証実験プラットフォームです。
●KICK等の施設内設備の提供●けいはんな公道での走行実証実験の施設提供●官公庁・警察などの申請代行●「Clubけいはんな」活用による実証実験の加速等を中核に、新技術や新産業の創出に貢献しています。

innovation_01.jpg

Clubけいはんな

住民目線での意見やアイデアを新たなサービスや新商品の開発、街づくり等に反映させるべく、2016年11月に設立された住民参加型組織で、現在、全国から約3千名の皆様に会員になっていただいております。企業や大学等産官学の各団体からのご要望に基づき、住民アンケートや調査によるマーケット分析、住民参加型ワークショップ等によるアイデア検討、住民とのコラボによる実証実験等を進め、新事業・新産業創出、まちづくり等に貢献しています。

innovation_02.jpg

AIJプラットフォーム(ASEAN, IORA and JAPAN イノベーション連携プラットフォーム)

ASEAN、IORA(環インド洋連合)諸国とのサイエンスシティーや研究機関・大学・企業と連携し、イノベーションや新事業・新産業創出に向けた仕組み(国際人材交流プログラム、各国の研究機関・プロトタイピング・マーケティング施設の相互活用)を提供しています。また、JETROなど連携機関と協力し、ASEAN、IORA諸国と共同技術・商品開発を目指す企業への現地連携プロジェクトへの支援を行っています。

innovation_03.jpg

けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会

NICTけいはんな情報通信オープンラボに関連する分野において、産学官連携による研究開発を推進し、関西のICTポテンシャルを引き出し、新技術の開発、人材の育成、新産業の創出を促すことを目的とした協議会です。オープンラボに関連する分野の研究開発の推進・支援として、研究開発プロジェクトの企画立案・コンソーシアム組成支援、施設利用のPR・研究開発成果等の普及、関係機関との情報交換・交流などを行っています。

けいはんなリサーチコンプレックス推進協議会

「けいはんなリサーチコンプレックス(RC)」は、けいはんな学研都市に立地する機関が協力し、地域外の機関とも連携を深め、異分野融合研究開発、人材育成、事業化支援等を一体的に進め、イノベーションを創出する活動です。文部科学省・科学技術振興機構(JST)から2016年10月から2020年3月まで3年6ヶ月間支援を受けて、グローバルなオープンイノベーションを推進するプラットフォームを構築し、7つの新規会社を設立、11億を超える投資を獲得するとともに、住民参加の実証フィールドを構築する等の成果をあげ、「けいはんなグローバルイノベーションエコシステム」を構築しました。
リサーチコンプレックス推進協議会は、その実績を活かして以下を中心に様々な事業を進め、けいはんな学研都市ならではのグローバルイノベーションエコシステムのさらなる発展に取り組んでいます。

innovation_04.jpg

スタートアップ企業支援

国内のスタートアップ企業に加え国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と連携する世界のイノベーション拠点から選ばれた国内外のスタートアップ企業が、日本の大手企業等との協働で製品・サービスやコンセプトの実証に取り組む、グローバルスタートアップ支援プログラム「KGAP+(Keihanna Global Acceleration Program Plus)」。3ヶ月のプログラム期間中、ATRがリサーチコンプレックス推進協議会等の協力機関およびメンターとともに、協働に向けたマッチング、けいはんな学研都市の強みである実証実験都市機能の活用、メンタリングやセミナーの実施を通じて参加企業を支援します。

innovation_05.jpg

オープンイノベーション推進支援

日本企業等の課題解決・事業開発に向けた実証プロジェクトをグローバルなオープンイノベーションで実施するプラットフォーム「KOSAINN(Keihanna Open Global Service Platform for Accelerated Co-Innovation)」。ATRが国内外の幅広いネットワークを活かして、プロジェクトの先駆性・機動性を高め得るスタートアップ企業や専門的な知見をもつ研究者が参画するチームビルディングを支援し、オープンイノベーションを支援します。さらに2021年には、イスラエルとカナダの政府系イノベーション推進機関と協力し、両国機関の支援を得てスタートアップ企業が実証プロジェクトに参加する「KOSAINN+」を開始しました。

innovation_06.jpg

人材交流支援

海外の大学・ビジネススクールから日本企業へのインターンの募集と受入れを外国人受入れでの豊富な経験をもつATRが支援する「KIIP(Keihanna International Internship Program)」。外国人若手人材の集積や海外大学との交流を支援しています。

スタートアップ・エコシステムの強化

海外の有力なイノベーション機関との連携により、スタートアップ支援の仕組みが構築されており、さらなるスタートアップ・エコシステム機能の強化を図っています。2020年7月、けいはんなを含む「大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム」が国の「スタートアップ・エコシステム拠点都市」の「グローバル拠点都市」に選定される中、国内外から有望なアントレプレナーを選抜し、メンタリングによりグローバルに活躍できるスタートアップを輩出するなど、関西全体のスタートアップ育成拠点としての発展をめざします。

innovation_07.jpg