7月3日にけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)において
「けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム」第4回総会を開催しました。
今回の総会は「けいはんなが拓く令和の未来」 ~新産業創出・まちづくりから
新交通システムまで~ をテーマとして実施いたしました。

総会次第はこちら   総会案内はこちら
 
 第一部では、企業・研究機関・公的機関等のコンソーシアム会員の
ご出席のもと、新会長に就任いただいた京都大学 山極総長よりご挨拶を
頂いた後、2018年度の活動報告と2019年度計画の議案について審議され
すべての議案が承認されました。
 
1_第一部全景.JPGのサムネイル画像
第4回総会第一部
2_山極総長.jpgのサムネイル画像
山極会長
山極会長ご挨拶はこちら
  
 議案の内容は
・コンソーシアム全体の運営や各WGの取組み
・グローバル連携として「アセアン・環インド洋連合とのイノベーション
 プラットフォーム」の構築と展開
・2500人を超える会員の住民サポータ組織「クラブけいはんな」の取組み
・K-PEP(公道自動走行実験プラットフォーム)の活用
などの活動報告と2019年度活動計画が発表されました。
  
 第二部の「公開セミナー」では150名もの方々に参加いただきました。
副会長の柏原康夫氏のご挨拶に続き、御来賓を代表して、京都府副知事
山下晃正氏、経済産業省近畿経済産業局地域経済部次長 内海美保氏、
(公財)新産業創造研究機構理事長 牧村実氏よりご挨拶を頂きました。
  
3_第二部全景.JPGのサムネイル画像
総会・第二部
4_柏原副会長.JPGのサムネイル画像
柏原 副会長
5_山下副知事.JPGのサムネイル画像
山下 京都府副知事
6_内海次長.JPGのサムネイル画像
内海 近畿経済産業局地域経済部次長 
7_牧村理事長_.JPG
牧村 新産業創造研究機構理事長

 次に、コンソーシアム概要説明と全般の進捗報告をRDMM支援センター
センター長の丸野氏よりご報告いただいた後に、会員企業様の事例として
・関西大学 和田准教授より「歩行者の安全支援および車載レーダの新たな応用」
・フィットネスクラブ「ピノス」けいはんな店店長の喜多氏より「けいはんな
 地域の皆様と一緒に作る健康体験」
・日産スチール工業株式会社代表取締役 西部氏より「世界のフードロス軽減に
 寄与する新技術」
のご紹介を頂きました。
 
8_丸野センタ長.JPGのサムネイル画像
丸野センター長
9_和田准教授.JPGのサムネイル画像
関西大学 和田准教授   
10_喜多店長.JPGのサムネイル画像
ピノス 喜多店長
11_西部社長.JPGのサムネイル画像
日産スチール工業㈱ 西部社長

 特別講演では、我が国における自動運転の課題について「自動運転の社会実装に
向けた現況と将来ビジョン」をテーマに、経済産業省製造産業局自動車課ITS・
自動走行推進室係長 中野裕太氏よりご講演いただきました。
また、消費高齢化に対応した低酸素な再生可能都市のありかたなどについて
「技術と社会がビューティフルハーモニーを奏でる再生可能都市」をテーマに、
名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター教授
加藤博和氏よりご講演を頂きました。
 
12_中野氏.JPGのサムネイル画像
経産省 中野氏
13_加藤教授.JPGのサムネイル画像
名古屋大学 加藤教授
発表資料はこちら