新型コロナウイルスの対応でも露呈したように、日本のデジタル化は世界から大きく後れをとっており、企業時価総額ランキングベストテンには日本の企業が1社も存在しておりません。同じことを人工知能(AI)においても繰り返さないためには、日本経済を支える多くの中小企業が本気でAIの導入に取り組むことが必要です。一方、AIシステム構築は難易度が高いと思われていましたが、近年その簡易化の取組も進められており、ソニー株式会社でもExcelでアプリケーションを作成するごとく、ディープラーニングシステムを構築するツールとしてSony Neural NetworkConsole(NNC)を開発し活用しています。また、このSony NNCは一般公開されており、誰でも利用可能です。

基礎編では中小企業向けに、まずはノートパソコン上でNNCを活用し、簡易にディープラーニングシステムを構築する体験をしていただきました。

今回は引き続き応用編としまして、クラウド環境での利用方法も体験いただくことで、中小企業におけるディープラーニング人材育成を支援させていただきます。flyer20210122.JPG

開催日時:2021年1月22日(金) 13:00~16:00

開催方法:Zoomによるオンラインセミナー

研修内容:Sonyクラウドコンピュータ上で動作する Neural Network Console(NNC)という開発ツールを用いてディープラーニングシステムを構築する技術を習得する

演習課題としては「画像認識による外観検査の自動化」を想定

受講対象:以下のいずれかの方

・ディープラーニング人材研修【基礎編】を受講した方

・「Sony NNC」を利用したことのある、中小企業のIT関連マネージャまた担当者

・「Sony NNC」を利用したことのある、京都府の中小企業に就職を考えている求職者

定員  :30名

申込〆切:2021年1月15日(金)(恐れ入りますが定員に達しましたら応募を終了します)

受講料 :無料

けいはんな ディープラーニング人材育成オンライン研修【応用編】お申込フォーム

入力例:123-4567

勤務先(個人の方は自宅)

ハイフンを入れて入力してください。(入力例:03-1234-5678)

入力例:foo@example.com