大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアム

平成29年度 第1回ナノ理工学情報交流会

「ナノファイバー・ナノチューブの最近の発展と今後」

― 大阪大学豊中キャンパスからけいはんなラボ棟へ中継 ―

けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム会員企業の皆様に朗報です。

RDMM支援センターは、大阪大学様と連携してナノ理工学情報交流会に同会員企業様を招待いたします。

日 時: 平成29年6月29日(木) 13:00~17:05

中継会場: けいはんなプラザラボ棟10F 「RDMM支援センター室」 (←クリックで地図表示)

主 催: 大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアム

共 催: 大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター

大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター

連携:  関西文化学術研究都市推進機構 RDMM支援センター

テーマ: 

カーボンナノチューブやナノセルロースファイバーといったアスペクト比の大きなナノ材料は、その特徴的な形状や電気的、機械的性質により研究の進歩は目覚しく、その実用化への期待が大きい。ナノセルロースファイバーは、ナノファイバー化する方法を手に入れた事により、従来のセルロース応用にブレークスルーをもたらした。自然にやさしい新素材としてその量産化と共に、さまざまな応用が期待されている。一方、カーボンナノチューブは種類の選別や量産化も進み、新たな応用に向けた取り組みが進んでいる。本情報交流会では学術的研究と産業化に向けた研究開発の両面からナノファイバー・ナノチューブの科学と技術の現状と将来について議論する。それを通じて、これらが寄与する幅広いナノテクノロジーの今後の新展開を探る。

プログラム:

13:00~13:05

はじめに 伊藤 正(コンソーシアム代表理事)

13:05~14:00

「カーボンナノチューブのセンサへの応用 ~ナノスケールからマクロスケールまで~」

秋田 成司 氏(大阪府立大学工学研究科 教授)

要旨:カーボンナノチューブは優れた電気的特性と機械的特性もつナノ材料として広く注目を集め、電子デバイスからコンポジット材料、生体応用まで幅広く研究されている。本講演ではこれらナノカーボン材料の特徴を生かしたナノスケールの極限計測から健康管理フレキシブルデバイスへの応用まで、サイズの大きく異なるアプリケーションについて概説する。

14:00~14:55

「カーボンナノチューブ産業応用への取り組み」

上島 貢 氏(日本ゼオン(株)総合開発センター CNT研究所長)

要旨:スーパーグロース法で作製される単層カーボンナノチューブ(SGCNT)は、長尺(高アスペクト比)、高純度、高表面積といった特徴を有しているため、近年、高電気/熱伝導ゴム、高耐久ゴム、高熱伝導金属等への応用が検討されている。本講演では、当社が事業化を推進しているSGCNT、その応用について紹介すると共に、産業応用の取り組みについて紹介する。

14:55~15:15 休憩 

15:15~16:10

「電子デバイス分野におけるセルロースナノファイバー材料展開」

能木 雅也 氏(大阪大学産業科学研究所 准教授)

要旨:セルロースナノファイバーからなるナノセルロースペーパーは、軽量・フレキシブル・高平滑性・高透明という特徴を有している。これらの特徴は、次世代フレキシブルエレクトロニクスに適している。本講演では、太陽電池や透明導電膜・有機トランジスタなどへのナノセルロースペーパーの応用事例と電子デバイス用途におけるセルロースナノペーパーの開発技術を紹介する。

10~17:05

「セルロースナノファイバー「レオクリスタ®」のこれまでとこれから~開発事例の紹介~」

後居 洋介 氏(第一工業製薬(株)事業本部 レオクリスタ事業部開発グループ専門課長)

要旨:第一工業製薬では、有機酸化触媒であるTEMPOによる酸化処理で得られる幅約3nmのTEMPO酸化セルロースナノファイバー「レオクリスタ®」を製造、販売している。本講演では、水系増粘剤としてのレオクリスタのユニークな機能、ボールペンインクとしての実用化事例やそこに至った経緯、さらには現在開発中の有機溶媒に分散可能な疎水変性CNFの特徴などを紹介する。

参 加 費:・ 「けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム」会員は無料。

        (コンソーシアム会員の場合、社内から何名でも無料で参加可能です)

       ・非会員の方は資料作成費等として、当日、3,000円/人を頂戴します。

参加応募: 下記のURLからお申込みください。

     <会 員> https://www.kri.or.jp/contact/entry/2017nano1-member.html

     <非会員> https://www.kri.or.jp/contact/entry/2017nano1-visitor.html


応募締切り: 平成29年6月23日

会場の都合上、先着20名様までとさせて頂きます。


問い合わせ先: 関西文化学術研究都市推進機構 RDMM支援センター(rdmm@kri.or.jp

       事務局 浅井 菰淵 深澤(TEL 0774-98-2278、2238、2239)