オープンイノベーションのためのハブ組織 RDMM支援センター

RDMM(Research & Development for Monodzukuri through Marketing)支援センターは、持続的にイノベーションを創出する連携のハブ(hub)となる組織です。マーケットを常に見据えながら、サービスを含むものづくりのためのR&D支援を行います。 企業の強みを活かしつつ新たな事業・産業創出を目指していきます。

RDMM支援センターについて
詳しくはこちら

innovation_01.png

けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム

 「けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアム」は、WG(ワーキンググループ)活動における未来マーケティング、デザイン学等を通じた新たな事業・商品コンセプトの創出をねらいとしています。生み出されたコンセプトを具現化するプロジェクト活動の早い段階で価値評価できるリアルオプション手法、けいはんなの立地を活かした実証実験の場などの提供を通じ、産学官連携や異業種連携、研究開発成果の利用を促進し、新事業、新産業の創出を加速します。

けいはんなR&Dイノベーションコンソーシアムについて詳しくはこちら

ASEAN、IORA諸国との新産業創出・イノベーション連携 AIJプラットフォームの構築・活用

AIJプラットフォームは、イノベーションや新事業・新産業創出に向け、日本/けいはんな学研都市とASEAN、IORA諸国のサイエンスシティーがハブとなり、研究機関、大学や企業とのイノベーション連携のための、具体的仕組みとプロジェクトを提供します。
現在、AIJプラットフォームを活用し、タイ・NSP(北部サイエンスパーク)と関西企業とのプロジェクトが発足し、バイオ・メディカル・食品などの分野で協業検討がされています。

※AIJ: ASEAN、IORA:環インド洋連合、Japan

AIJプラットフォームについて詳しくはこちら

innovation_02.png

住民クリエイティビティの活用 Clubけいはんな

住民の皆様の意見を未来の産業・商品づくり、街づくりに反映させるための住民参加の組織です。
会員の皆様には、未来の商品やサービスにつながる意見を伺ったり、これらに関する検討会等に直接参加いただけます。

※2020年3月現在、会員は2,600名

Clubけいはんなについて詳しくはこちら

innovation_03.png

特区活用 公道走行実証実験プラットフォーム 「K-PEP」

K-PEP(Keihanna Public road Experimental Platform)は、自動運転等の新技術や新たな交通システムの確立に向け、けいはんな学研都市が有する様々な資産を活かした日本で初めての企業乗合型、住民参加型の公道走行実証実験プラットフォームです。
RDMM支援センターは、警察・自治体等の行政や地元住民との調整を含め、実証実験をワンストップで支援しています。

K-PEPについて詳しくはこちら

i-Brain×ICT「超快適」スマート社会の創出 グローバルリサーチコンプレックス

「モノの豊かさ」から「ココロの豊かさ」へ

 けいはんなリサーチコンプレックス事業では、i-Brain(脳科学・人間科学)の研究成果の豊富な蓄積と高度なICT(情報通信技術)を融合し、現在のAIでは未だ十分に解明・活用されていない脳科学分野の研究開発を戦略的に推進すると同時に、平安、活力、共感など、「ココロ」の豊かさ向上に着目した「超快適」につながる新たな技術・サービス等のイノベーションの創出を図り、こうしたイノベーションが持続的に起こる社会システム(イノベーションエコシステム)を構築することで、人のココロに寄り添う「次世代型スマートシティ」の実現を目指します。

 この事業は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の全国3拠点の一つとして採択されたもので、地域に集積する産・学・官・金(金融機関)のプレイヤーが共同で5年後、10年後、その先に実現される地域の姿と社会的価値を「ビジョン」として掲げ、最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を一体的、統合的に展開するための複合型イノベーション推進基盤としてのリサーチコンプレックスを成長発展させることを目的としています。

けいはんなリサーチコンプレックスについて詳しくはこちら

innovation_06.png