様々な規模・分野の企業や大学、研究所等が集積するけいはんな学研都市では、「世界の知と産業を牽引する都市」、「持続的にイノベーションを生み出す都市」を目指し、産学官連携の推進や、他の研究開発拠点や地域産業とも連携を図り、最先端の研究・開発の成果を生かした事業化、産業化への取り組みを強力に推進しています。また、特に近年、研究者の交流や海外企業・研究機関とのネットワークづくりも進展をみせており、研究開発領域の幅の拡大や国際連携の強化が進むなど、研究開発を支える環境も着々と進展しています。
 今後も引き続き、学研都市の知の集積やポテンシャルを生かし、「情報通信」、「環境・エネルギー」、「医療」、「バイ オ」など様々な分野で多彩な研究機関の総合力によりイノベーションクラスターとして成長を続けながら、「けいはんな発」の新産業創出を目指します。

イノベーション創出・産業活性化の取り組み

industry-creation_05.jpg

  • けいはんな学研都市では、様々な機関や団体が、中小・ベンチャー企業を対象とするきめ細やかなハンズ・オン支援や、イノベーション推進による研究開発成果の事業化・産業化を強力に推進しています。
  • また、『RDMM支援センター』の設置や『けいはんなリサーチコンプレックス』の取り組みなど、オープンイノベーションを基軸とした持続的なイノベーションを創出する仕組みづくりに取り組んでいます。