製造業においてAI 活用ニーズの筆頭に上がるのが「外観検査」です。「AIによる外観検査」の実現方法は、検査工程や検査対象物によって様々ですが、その成否は、AI 活用による検査モデルの「精度」をどこまで高められるかにかかっており、準備する学習データの質と量に依存します。

学習データの準備方法については、いくつかのポイントがあり、その中でも撮像時のライティングが、データの質に大きく影響します。今回のセミナーでは、以下の3 点の理解を目的に開催いたします。

セミナーチラシgaikankensa.png

  1. 「AIによる外観検査」におけるライティングの重要性
  2. サンプル画像によるAI ソフト利用手順
  3. 具体的なユーザー事例での「AIによる外観検査」の現場実装イメージ

【開催日時】2021年12月14日(火)14:00~16:30(2.5時間)

【開催方法】Zoomミーティング

【参加対象者】外観検査の自動化に関心のある製造業の方

【参加費】無料

【内容】

 1.ライティングセミナー

 ・検査に必要な照明とは

 ・色と波長

 ・明視野と暗視野

 ・平行度

 2. AIラボの紹介

 ・AIラボ利用手順

 ・サンプル画像によるAIソフト利用手順

 ・導入事例紹介

「けいはんな AIによる外観検査でのライティングの重要性と役割セミナー」お申込みフォーム

入力例:123-4567

勤務先(個人の方は自宅)

入力例:foo@example.com